あなたの家は大丈夫?住宅診断の重要性とは

住宅診断ってどんなことをするの?知ってて損しない情報

あなたの家は大丈夫?住宅診断の重要性とは

一軒家

調査内容について

住宅診断では、外壁、外部金物、雨どい、屋根など傷みやすい部分を中心にチェックをします。室内では、床、壁、天井、サッシ、ドアといった部分を重点的にチェックします。さらに踏み込んで、建物の土台となる部分や基礎内部も念入りに調べます。

模型

気になるチェック方法

診断士の目で建物の状態を調べるのはもちろん、シュミットハンマーや電磁波レーダーをフル活用して、コンクリート内部の強度を調べます。ユニットバスのカビや天井裏のカビは、水漏れが原因である可能性もあるため、特殊なカメラを使って内部をチェックしてくれるでしょう。

住宅診断が必要なケース

  • 新築購入申し込み後
  • 補修条件が付けられている物件を購入した
  • リフォームを行なう前

広告募集中