不動産サイトの使い方や失敗しない物件探しのポイント

不動産サイトを活用してお気に入りの家を見つけよう

スマホやPCでラクラク検索!

家探しといえば、本屋さんに立ち寄って情報誌をみたり、不動産会社に張られている物件情報に目を通したりなど、探し方にもいろいろありますが、ネットの普及でスマホやPCで簡単に検索できるようになりました。これを機に不動産会社のサイトも、かなり充実した作りとなっています。

ネットで不動産を探すメリット

  • 物件情報をスムーズに入手できる
  • いち早く最新情報を入手できる
  • 広い地域を設定して効率よく探せる
  • ネット環境があれば気軽に物件探しができる

不動産サイトの使い方や失敗しない物件探しのポイント

女性

一つのサイトで情報収集

口コミがよく、且つ多くの物件情報掲載している情報サイトは不動産の上手な探し方や家を購入するための基礎知識など物件以外の情報がてんこ盛りです。サイト一つでほぼ全ての情報を集められるといっても過言ではないでしょう。

各建物の相場とは?

不動産情報サイトには、一戸建て、マンション、土地の相場が掲載されていることもあります。一戸建てなら人気エリアで2千万円から、あまり人気がない場所は二千万円以内で購入可能です。一方近年流行りの注文住宅は、平均坪単価60万円から90万円ほどです。

気になる物件が見つかった場合

不動産サイトで見つけた気になる物件は保存しておき、じっくり検討することができます。その中からさらに物件を絞り込み、内見します。部屋の向きや周辺環境などは、内見で見逃されやすい部分なので、この辺を注意して間取りをみていきましょう。

購入までの流れ

物件内見の後、購入申し込みをします。住宅ローンの事前審査突破後、重要説明事項に移ります。非常に重要な話なので、疑問や不安に思ったことはその都度質問しましょう。説明後、売買契約を結んだら引き渡しになります。新築マンションの場合は、入居説明会があるので必ず参加しましょう。

注文住宅VS建売住宅ならどっちが得?

建売住宅の場合

注文住宅との大きな違いは、土地を購入して家を建てるか、土地付きの家を購入するかです。建売の場合は後者なので、注文住宅のように家をつくる手間が省けます。また建売の方がコストダウンしやすいでしょう。

注文住宅の場合

建売の場合、すでに間取りが出来ているため万人受けする作りですが、注文住宅は、自分で考えたデザインが形になるため特別感が増します。ただ、こだわりすぎると、建設費用が高くなりやすいでしょう。

広告募集中